レーシックをトータルで考えると…【最終的な判断指針@】


レーシックのメリット・デメリットを列挙してきましたが、


じゃあ最終的にどうなの?

ってところを、一番知りたいのではないかと思います。


色々と調査した結果を踏まえて、

導き出した最終的な判断指針を記載しますので、

レーシックをするかしないかの判断が決まっていない方は、参考にしてくださいね。




●最終的な判断指針は??@


レーシックの成功率は95%と言われていますが、

残り5%をどうとらえるか?によると思います。


ご自分の大事な目のことなので、慎重に慎重になるのは当然のことです。

手術によって目に支障が出たとしたら、その後の生活が考えられませんよね。


でも、仮に手術後に、デメリットにも記載したような合併症が出たとしても、

時間とともに緩和していくものが多いです。


そうは言っても、やっぱり不安はあると思います。

お気持ちはよーくわかります。


その場合は、クリニックで簡易検査を受けてみて、

医師に相談することから始めるのがいいと思います。

疑問点や不安などをすべてぶつけてみるのがいいです。



実際に施術が出来るかどうかの最終的な診断は、通常の適応検査後となるので、

検査を受けたからと言って、必ず施術するとは限りません。

そこはご安心くださいね。



まずは簡易検査から始めてみてはどうでしょうか?

簡易検査は無料のところが多いですし。


品川近視クリニックであれば、

・症例数100万件

・約98%の方が視力1.0以上に回復、残り2%の方も視力が回復

・強度近視の方でも、93.5%の方が1.0以上に回復

という結果がでています。


そして、約90%以上の方から術後満足しているとの回答がでており、

約50%の方は「非常に満足」との回答されている
とのことです。


品川近視クリニックはこちら



【次コンテンツ↓】

★レーシックをトータルで考えると…【最終的な判断指針A】はこちら



人気ブログランキングへ

ブログランキング、応援してくださいね^^

【レーシックの最終的な判断指針は?の最新記事】
posted by レーシック at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックの最終的な判断指針は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。