レーシックのデメリット【概要】


レーシックのデメリットといえば、やはり、


(1)初期費用が結構掛かること

(2)全体の1%以下の確率で、感染症やドライアイ、ハログレア現象などの合併症の可能性がある

(3)まだ歴史が浅い手術なので、長期的なデータがないこと

(4)事前の適応検査で、条件に該当しない人は、レーシックを受けることができない


が大きいと思います。


上記の(1)〜(4)について、

以降でそれぞれ詳しく説明していきますね。



【次コンテンツ↓】

レーシックのデメリット【(1)初期費用について】

レーシックのデメリット【(2)全体の1%以下の確率で、合併症の可能性がある】

レーシックのデメリット【(3)歴史が浅い手術で長期的データがない】

レーシックのデメリット【(4)条件に該当しない人は、レーシックを受けることができない】

レーシックのデメリット【(5)その他】




なお、それらのメリット・デメリットを踏まえたうえで、

★最終的な判断をどうしたらいいの?という疑問にもお答えしましたのでご覧ください。



人気ブログランキングへ

ブログランキング、応援してくださいね^^

posted by レーシック at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシックのメリット・デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。